メインイメージ画像

子どもの教育で重要なのはその目的を明確にする事です

子どもには効果的な教育をしたいものです。子どもに受けさせる教育というのは、大人がきちんとすることで完成されます。キッズは考え方が柔軟であるためナレッジやスキルを吸収するのがとても早く、教えれば教えるほど伸びていきます。ただ、だからこそきっちりした教育をしていかないと、間違った方向に成長してしまうことがあるので注意が必要です。

例を挙げると、代表的なことに毎日の勉強が挙げられます。

昔から教科書の内容を単に暗記するだけの詰め込み式教育は批判の対象とされてきましたが、それはやはりそんなに良くない教育のしかたです。さまざまなことを暗記するのはとても大切なことですが、その内容についてきちんと子どもが理解していない場合にはほとんど意味がありません。数学の公式などは暗記することで答えが導かれるという利点が存在しますが、ただ暗記するだけではなくて子どもにちゃんと考えさせるような教育をしていく必要があります。

それはつまり、教育の目標を明確にするということです。

たくさんいる教育者の中には受験のための教育と割り切った考え方をしている人もいるはずです。それはそれでかまいませんが、子どもにはなぜ受験のための勉学をしなければならないのか、その目的についてきちんと説明しておく必要があります。子どもからすれば、何のために教育を受けているのかその目的を理解しているのといないのとでは、教育を受けるときのモチベーションが違ってきます。また、目的意識をはっきりと持っていると、それだけ迷いなどがなく教育を受けることが可能です。

これは何も頭を使って学ぶ勉強だけに限ったようなことではなく、スポーツや芸術の面においてもまったく同じことが言えます。そのくらい、教育の目的を明確にするということは、根底なことであるがゆえにとても重要です。そうして、それは子どもが考える前に、第一に大人が考える必要があることです。従って、教育の目的について確固たる答えを出すことが、教育のスタート地点です。